自毛植毛機セイファー

自毛植毛SAFER(セイファー)

パンチヘアマチックS.A.F.E.R (セイファー)はフランスのMEDICAMAT(メディカマット)社によって開発された自毛植毛機です。
セイファーは特殊なハンドピースを使い、グラフトの採取と移植を安全かつ迅速に行います。
通常は後頭部の皮膚を切開し株分けなどを必要としますが、セイファーはそれらの作業を必要としないため、迅速な治療が可能です。
同時に治療の対象者の日常生活を制限するダウンタイム(治療によるダメージを回復する期間)も短くなり、対象者の負担軽減にもなります。

グラフトを採取

植毛手術ではグラフトの鮮度と質が最も重要となります。
セイファーシステムでは専用のハンドピースを用いて、後頭部からグラフトに負担を掛けずに吸引し、1グラフトづつ迅速に採取します。
グラフトを傷つけることなく安全、迅速に摘出することで植毛手術の成功率を高め、さらに施術者と患者の負担を軽減させます。

手動のFUE技術では、毛抜きで抜かれる毛根の位置まで穿孔機が届いてしまい、穿孔機が完全に毛髪に対して直線的に並ばないと毛根は修復不可能なダメージを負ってしまいます

セイファーの技術では、回転式穿孔機は起立筋肉の基部で停止し、真空吸引でグラフトを採取します。穿孔機が完全に毛髪に対して直線的に並んでいない場合でも、横断切開リスクは最小限に抑えられています。

セイファーグラフト採取ハンドピース

グラフトを移植

ハンドピース・チップを使いグラフトをセットします。
グラフトの移植はハンドピースのピストンを穿孔機で作られた極小切断部、あるいは穿孔部に押しこむことによって行います。
電空式制御によるピストン軌道は一定の深さへの正確なグラフト移植を可能にし、素早く痛みもなく移植されるので施術後の拒絶反応や社会活動の制限もありません。
また同時に二機の移植ハンドピースを使用することで、よりスピーディーな施術が可能です。

セイファーグラフト移植ハンドピース

動画:グラフトの採取と移植